Top > 詐欺と結婚詐欺

詐欺と結婚詐欺

結婚詐欺とは結婚の約束をした相手に対し、恋愛感情と信頼関係を巧妙に利用して、悪意をもって金銭や物品を騙し取ることです。結婚詐欺はさまざまな詐欺の中でも、被害者は男性より女性の方が多いのが特徴の、かなり古くからある詐欺犯罪の一つです。

詐欺師は職業と身元を架空で演出し、既に結婚している場合でも当然独身を装い、騙されそうだと狙った相手に近づいていきます。最近は携帯電話やインターネットが普及し、出会い系サイトやお見合いサービスを利用した結婚詐欺も増加しているようです。そのようなサービスでは職業や学歴などを偽ることが比較的容易で、驚いたことに、携帯電話やメールアドレスしか知らないままで交際が始まるケースも少なくないのです。

残念なことに結婚詐欺の被害に遭ってしまったら、まず、騙し取られた金品を取り戻すことが第一ですが、相手が要求に対して返却しない場合に警察に被害届を出します。しかし結婚詐欺は交際の縺れとか、交際費の範疇とみなされることが多く、一般的には詐欺犯罪として正式に認められるのは困難なのが実情のようです。

結婚詐欺の被害に遭わないためには、まず、結婚していない相手にはお金を貸したり、贈与しないことです。充分に分かっているつもりでも、実際にそのような場面になると相手に嫌われたくない一心から、つい多額な金銭であっても工面をしてしまうようです。

そこで、そうならないため、交際を始める段階で冷静な視点を持って、相手の名前や住所、職業など証拠を伴う確認をしておくことが大切です。いつも詐欺だというわけではありませんが、友人とのお金の貸し借り等でも同様なので肝に銘じておきましょう。

最初は誰もが結婚詐欺などは他人事だと思っています。結婚詐欺師の甘い言葉や巧みな話術に騙されないように充分注意しましょう。

関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
詐欺とは(2015年3月 1日)
詐欺と結婚詐欺(2015年3月 1日)
詐欺とリフォーム詐欺(2015年3月 1日)
振り込め詐欺の手口(2015年3月 1日)
振り込め詐欺が増加する理由(2015年3月 1日)