Top > 振り込め詐欺が増加する理由

振り込め詐欺が増加する理由

現在、振り込め詐欺の被害の増加が大きな社会問題となっています。国や地域、金融機関などでさまざまな対策が投じられているにも関わらず、なぜこんなにも被害が増加してしまうのでしょうか。

それにはさまざまな原因が考えられますが、一つにはヤミ金融グループとの関連性が指摘されています。

初めに振り込め詐欺が急増したのは2003年から2004年の間ですが、この時にヤミ金融対策法が施行されているのです。これまで社会問題となっていたヤミ金融グループの悪質な商法の摘発が厳しくなったことによって追い詰められたヤミ金融グループの一部が、なりふり構わず振り込め詐欺グループへと移行したと考えられます。

又、振り込め詐欺の手口が心理的に人の弱点を突く、実に巧妙な方法であることも理由の一つです。電話口で一方的に話を次々と展開させていき相手を自分のペースに巻き込み、「至急に」「時間がない」と繰り返すことで相手を慌てさせます。冷静に考えればはっきりおかしいと分かるはずですが、この犯行は、冷静に考える時間を与えないという計算の上でやるので多くの人が騙されてしまうのです。

別の原因の捉え方もあります。現代人には特に世間体を気にして身内の恥などは隠してしまいたいという心理が強く働くので、子供や孫、また夫などの不祥事がお金で解決できるならと、すぐにお金を振り込んでしまうというものです。

そして次々と新手の手口が現れるのも特徴です。当初は単独で子供や孫の役を演じるオレオレ詐欺が主流でしたが、その手口が知れ渡るようになると、次は警察官や弁護士などもっともらしい人物も登場させ、複数で演じる犯行に転じていきました。更に郵送による書面や広告掲載を利用した手口なども増えてきています。

また別の捉え方もあります。現代人には世間体を気にして身内の恥を隠したいという心理が強く働き、子供や孫、また夫などの不祥事がお金で解決できるならと、すぐにお金を振り込んでしまうのです。

関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
詐欺とは(2015年3月 1日)
詐欺と結婚詐欺(2015年3月 1日)
詐欺とリフォーム詐欺(2015年3月 1日)
振り込め詐欺の手口(2015年3月 1日)
振り込め詐欺が増加する理由(2015年3月 1日)